せどりや転売も、基本を抑えれば怖くない

せどりや転売をする上で、法律はとても重要です。一見難しそうに感じてしまう点ではありますが、意外にシンプルな仕組みになっています。二の足を踏まずにチャレンジする為に、せどり、転売の基本を抑えましょう。
まずせどりと転売ですが、呼び方に違いはあれど「物を転売する」と言う点では同じです。ですので、転売と言う大きなジャンルの中に、せどりと呼ばれるものがあると捉えると分かりやすいかもしれません。語源的に見ていくのであれば、せどりは主に中古品を取り扱います。法律的に見た時、せどりの方が中古品=不要品を売るという点で、ややライトに感じるでしょう。これは「儲けを得ることを目的としているか」と言う点から、そのように感じるのです。不要品を売ってちょっとしたお小遣いになった、となればフリマアプリで頻繁に行われていますので、難しさは感じません。
しかし先にも述べた通り、実際には転売とせどりは「転売する」と言う点で大きな違いはないのです。せどりを限定的に、「不要品を整理する為」に、「不定期に転売を行う」とした時、法律を気にすることなく、誰でも行えることは理解しやすいでしょう。一方副業として定期的に転売を行う場合はどうでしょうか。実は「手順」を踏んで行えば全く問題はないのです。何故なら、転売自体は違法行為ではないからです。この「手順」を基本として抑えておけば、法律的に難しく感じるせどりや転売も全く怖くありません。
第一の手順として、まずは「古物商許可証」を取得しましょう。転売する時にこれを所持していないと違法とみなされてしまう、せどり、転売を副業とする者にとっては印籠のようなものです。裏を返せば、これさえ所持していれば気兼ねなくせどり、転売が出来るのです。古物商と言う単語に、新品を転売するのだから必要ないと思う方もいるかもしれませんが、新品であっても古物商許可証は必要になりますので、きちんと申請しましょう。
そして注意したい点として、「チケットの転売」があります。コンサートなどのチケット転売は「ダフ屋行為」として法律で明確に禁止されていますので、行ってはいけません。しかし、自分が行く予定で入手したけれど、事情で行けなくなった場合に転売する事は問題ありません。チケットはプレミア価格が付きやすいものですので、転売価格やルールをしっかり守って取引を行いましょう。
もしこれらが「難しそう」と思うのであれば、まずは家の中にある不要品や、自分で使用するつもりで購入したものから取引を始めてみてはいかがでしょうか。自分の物を断捨離感覚で行うのであれば、法律的には全く問題ありませんから気楽に行えます。ある程度の流れやコツをつかんで、いざ儲けを出してみたいと思った時、古物商許可を申請すれば良いのです。
せどりや転売を副業として行っている人の中には、そのやり取りに魅力を感じ楽しみながら稼いでいる人も多くいます。せどりや転売に興味を持った方であれば、その楽しみもなんとなく分かる事でしょう。初めはおっかなびっくりかもしれませんが、基本を抑えれば、正しく、楽しく、副業としてせどり、転売を行う事が出来るのです。